読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-【第11話】「大いなる目的のためよ」テレビ感想2016年&あらすじネタバレ注意・お面をかぶってお祓いをしていた正体が、まさかのマスター。 #TV

アニメ テレビ番組感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-【第11話】「大いなる目的のためよ」

毎週楽しみにしているアニメです。
いつものカフェバーで、いつものメンバーで今の状況の説明を聞いています。
いつもてんこ盛りな内容やけど、今回はいつもにも増して情報量が凄まじい!!見応えありすぎ。面白すぎ。
霊界の秘密、電波の理論やこうなった経緯など、どんどんと謎が解明されます。
そして、ずっと分からなかった気持ち悪い白いお面をかぶってお祓いをしていた正体が、まさかのマスターだったことが判明。。
マスター、ずっと何者かだろうとは思っていたけど、まさか敵側だったとは...。好きやからショックでした。
主人公のがもたんのお父さんと、サライのお父さんの橋上教授を殺したのもマスターでした。
今までの疑問がほぼ説かれた今回。
霊体での時間の進み方と、生きている肉体での時間の進みが違うということは、まだ死ぬ前に戻れるのか。。
来週が最終回!?
楽しみやけど、しなくちゃいけない話がたくさん。白い子供とかもいたしね。
終わるのさみしいなぁ...。でも早く見たい、そんなアニメです!

ありがとう寄稿。

カズオ・イシグロ初となるファンタジー小説で、中世イギリスを舞台に騎士やドラゴン、鬼や妖精などが登場したりと、わくわくするような世界が描かれています。ですが、ただ楽しいだけのファンタジーにならないのが、イシグロのすごいところです。

感想・書評「忘れられた巨人(カズオ・イシグロ)」ネタバレ注意・ファンタジー小説で、中世イギリスを舞台に騎士やドラゴン、鬼や妖精などが登場(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。