読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

オールマイトの師匠、ワン・フォー・オールの先代の使い手が…僕のヒーローアカデミア11巻/堀越耕平/感想ネタバレ注意!あらすじ。 #COMIC

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

僕のヒーローアカデミア11巻/堀越耕平/オールマイトの11巻

表紙のオールマイト…ナンバーワンヒーロー、平和の象徴最後の闘いが載っている11巻に相応しいです。カバーをめくるとなぞの女性ヒーローがいて、誰だ!?と首をかしげました。先にカバーを外しておまけをみてしまうのは私の悪い癖です。

11巻を読みはじめて早めにおまけの女性ヒーローの正体が解りおお!!と声にだして驚いてしまいました。オールマイトの師匠、ワン・フォー・オールの先代の使い手が女性だったとは!?漫画の中では全体が見える絵がないので、読み終わったあと、改めてカバーを外しじっくり眺めました。先代のヒーロー時代の物語を知りたい!!なにやら意味ありげなことをオール・フォー・ワンが言っていたけれど…死柄木弔は先代の孫。本当なのかしら?一つの時代の終わりと、新たなふせんが増えたな~と嬉しく頭をかかえました。

とにかく11巻はオールマイト!オールマイトがつまった一冊です。ワン・フォー・オールがオールマイトの中から消える時。切なすぎて胸が苦しくなりました。オールマイトの闘いが好きだった私はこの先オールマイトロスに耐えられるのかしら?闘いがおわり、デクと思い出の海辺でのシーンが心に残りました。オールマイトの時代が終わったのだな。

闘いのあと、全てが元通りとはいきません。もちろん結果よければすべてよしとはなりません。ルールを破ってかっちゃん救出にむかった五人、止めれなかったほかのクラスメイトを叱責する相澤先生。教育者として曲がらないヒーロー論をもっている人間の言葉は響きます。

11巻。沢山のことが片付いた一冊でした。寮生活がはじまり、物語は次のステージに。

ありがとう寄稿。

感動して泣いた。絵が写真のように綺麗。などちょっとした内容だけ小耳に挟み期待を膨らませていました。まさにその通りでした。まず自然の風景や街の風景が現実世界そのものでした。潤いや艶や色味など細かいところまで再現されていて物語よりも見入ってしまうような素晴らしさでした。

感動して泣いた。絵が写真のように綺麗。映画感想レビュー「君の名は。」評価ネタバレ注意。 #MOVIE - みんなの芸能ブログ。