読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン 20巻 第1話「新たな敵」(三田紀房)感想&あらすじ・タイトルの意味については「マスコミ」がカギとなってくるもの…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

このタイトルの意味については「マスコミ」がカギとなってくるものです。高校野球に関しても考え方一つでかなり変化を伴う事になってくるのが分かるものです。

面白いところ。

クロカンと村長が会談しているのがかなり気になってくるものです。しかしその内容に関してはかなり核心に触れるものですがこの後にどの様な形で迎えるかカギにもなってくるものです。

好きなところ。

序盤では「浅井」から通話している場面でもあるのですが高校時代とは違ってプロとしても活躍しているのがかなり凄いと感じるばかりにもなってくるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、平泉先生

好きなエピソード。

副校長からもマスコミの申し込みがある事を告げられるのですがどこか今一つ決断出来ないのですが友人の登場でどの様に変わるのかが見物にもなってくるものです。

おすすめ。

ここからの展開がかなりシビアな感覚にもなってくるのが気になってくるものです。心理面においてもどの様な形になってくるかカギにもなってくるものです。

作品に関する思い出。

一つずつステップアップして行くのは良い事でもあるのですが逆に怖さを知る事が逆に多くなってしまうのがかなり気がかりにもなってくるものです。

作者に関して。

これからが一番の怖さを知る事にもなってくるものです。しかしクロカンの策略については一筋縄ではいかないのも分かるものです。

その他。

一見村長の意見についてはかなり無謀ではないかと感じる内容にもなってくるのですが逆に心理面をつく事でかなり夢を抱かせる事にも繋がってくるのではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

手に取ったきっかけは、ミステリが読みたかったから。最近のように寒くなってくると、夜にミステリを読みたくなりませんか?

感想・書評「τになるまで待って:森博嗣」ネタバレ注意・洋館の様子や人物の描写もつねにドキドキさせるものですし、トリックも、確かに!(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。