読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン 19巻 第5話「采配の差」(三田紀房)感想&あらすじ・鷲ノ森は秋季大会優勝する所まで強くなったのですが…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

勢いがあるままに試合に影響を出るものです。鷲ノ森は秋季大会優勝する所まで強くなったのですがここからの展開にもかなりカギとなってくるものです。

面白いところ。

試合を振り返った中でキチンと思い出していたのは次に繋がるものです。それに監督としての力量にも叶わない事も知れるキッカケにもなるものです。

好きなところ。

今までは「大黒柱」がメインとなっていたチームでもあるのですが全員でやる事の意義を見せつける展開にもなってくるのが分かるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、備前大介、田代良治

好きなエピソード。

新たなバッテリーとして組んだのは「小鹿」「備前」です。やはりこの両者が組む事でチーム内にも良い形で影響を齎せるのもかなり分かるものです。

おすすめ。

初めは小鹿に対して喝を入れるのですが「本領発揮」と言う部分で分かるのはかなり唖然とするばかりにもなってくるものです。この後に注目するものです。

作品に関する思い出。

最後まで気持ちの籠っている方が勝てるのがかなり印象に残るものです。ここからがかなりワクワクするものです。

作者に関して。

辛い中でもキチンと喜びが分かるのも共感出来るものです。

その他。

クロカンの戦略や手腕に関してはついて行くと決める事の大切さを身をもって知る事から始まろうとするのです。この気持ちが重要ではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

27巻は風早君の進路の話からスタート!風早君は意味深な言葉ばかりで、進学か、就職かでずっと迷っているんだろうなぁと思っていました。頑固なお父さんといつも喧嘩してしまって話が進まない二人でしたが、爽子との喧嘩を乗り越え、相手に最後まで向き合うことの大切さを知った風早君はやっとお父さんと、堂々と話すことができました。

君に届け27巻/椎名軽穂/感想ネタバレ注意!あらすじ・進路の話からスタート!風早君は意味深な言葉ばかりで、進学か、就職かでずっと迷っている…。 #COMIC - ジャンプ部屋ブログ