読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン 19巻 第3話「重量打線」(三田紀房)感想&あらすじ・桐野の高塚は術中にハマってしまうのがかなり露呈に…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想。

試合の運び方に関してもかなり的確な部分を得ている様な感覚にもなってくるものです。やはり経験の差が分かるものです。それにチーム内でも明暗が出てしまうものです。

面白いところ。

勢いがあると選手達にも余裕が出ているのが分かるものです。その中でも大竹の行動にはかなり笑ってしまうのも分かるものです。

好きなところ。

桐野の高塚は術中にハマってしまうのがかなり露呈に出てしまうのです。その動揺が選手にも伝わるのが思わず納得してしまうのです。

好きなキャラ。

黒木竜次、備前大介、田代良治

好きなエピソード。

選手の気持ちになってくるとかなり分かるものです。ですが期待には応えようとする気持ちの変化にも考えてしまうものです。

おすすめ。

クロカン自身も分かりきった所で試合運びが上手く行くとは思えないと考えるばかりでもあるものです。やはり見てても分かるものです。

作品に関する思い出。

クロカンの想いが選手に伝わった瞬間がかなり感激してしまうのです。やはりスポーツの熱さが分かる内容にもなってくるものです。

作者に関して。

勢いのままに観客の反応にも格段の差が広がってくるものです。この後にもかなり注目しながら見て行ければと思うものです。

その他。

周囲の反応を見ると各段に違うのが目に見えるものです。やはり同じ監督からの視線でみると共感出来る場面も結構あるものです。

ありがとう寄稿。

インド人の夫との結婚生活や子育ての様子について綴ったコミックエッセイです。

こういったマンガはある程度子どもが成長したら終了することが多いと思いますが、この作品はもうすでに22巻まで続いているのはすごいですね。

インド夫婦茶碗22巻:流水りんこ/感想ネタバレ注意!あらすじ・50代になった作者が年々実母にそっくりになってきたことや、これまで興味の無かった園芸にハマる…。 #COMIC - ナカノ実験室