読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

スーパードクターK 心臓移植編 第20話「母は強し」(真船一雄)感想&あらすじ・一足早くTETSUは敵の組織に近づいたのですが最後に登場した…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

母親通しでの強い絆が生まれた瞬間にもかなり見物にもなってくるものです。やはり産科においてもかなり考えさせる事ばかりにもなってくるものです。

面白いところ。

一足早くTETSUは敵の組織に近づいたのですが最後に登場した人物に果たして勝つ事が出来るのかかなり注目するものです。

好きなところ。

気が動転していた母親を大垣さんが身を挺して助けようとするのはかなり凄いと感じるばかりにもなってくるものです。なかなかこの行動には出来ない事があるのです。

好きなキャラ。

KAZUYA

好きなエピソード。

命の大切さを身を持って教えられようとするのもかなり驚くばかりでもあるものです。ここからの展開にも驚くばかりにもなるものです。

おすすめ。

TETSUは最後は倒されてしまうのです。Kとは渡り合えたはずでもあるのですがやはり武術のレベルが違うのもかなり共感してしまうものです。

作品に関する思い出。

母親の力強い言葉の重さにはかなり考えさせられる事ばかりの連続にもなるものです。ここからもかなり共感出来る内容でもあるものです。

作者に関して。

それぞれの立場になってくるとかなり考えさせる事にもなるものです。

その他。

一連の行動があってからK自身でも探りを入れようとするのがかなり見物にもなってくるものです。この後にはかなりワクワクしながら見て行けるものです。

☆今日のブログ飯(仕込まない仕込み)

小説家の湊かなえさんの短編小説3作品をドラマ化したもので、【みかんの花】【海の星】【雲の糸】と3のストーリーに分かれていました。

湊かなえサスペンス【望郷】テレビ感想&あらすじネタバレ注意・短編小説3作品をドラマ化したもので、【みかんの花】【海の星】【雲の糸】と3のストーリーに分かれていました。 #TV - みんなの政治経済ブログ。