読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン18巻第5話「パニック」(三田紀房)感想&あらすじ・終盤にますます選手達に緊張感を高まらせる言い方をしてしまうもの…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このタイトルの通りになってしまうのもかなり可哀想な感覚にも思えるものです。しかし野球の展開においては何があるのか分からないのも感じるものです。

面白いところ。

クロカンは終盤にますます選手達に緊張感を高まらせる言い方をしてしまうものです。この後にはどの様な形になってしまうのかが見物にもなる。

好きなところ。

チーム内としては経験の差がはっきりと出てしまうのは納得してしまうのですが監督自身もパニックになってしまうのは何か策があるのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、備前大介、田代良治

好きなエピソード。

キャプテンの重さはとてつもないのが重圧として感じるものです。しかし怒っている中でもクロカンは重要な事をきっちりと教えているのは凄いと感じるばかりにも思えるものです。

おすすめ。

先輩方の偉大さは凄いと感じるばかりにも思えるものです。しかしここからの鷲ノ森が成長を告げるにはどの様にすれば良いのかが見えるものです。

作品に関する思い出。

大竹に関しては一方的に田代を攻めようとするのです。しかし見方を変えると素人でもある田代を追い込もうとするのは酷ではないかと思うのです。

作者に関して。

鷲ノ森ナインにも不穏な空気が流れようとするのです。ここからの展開にも見物がついてくるものです。

その他。

エラーが続いたりすると他のメンバーにも伝わるのが分かるものです。しかしここからの反撃が一番の楽しみにもなってくるのが見えるものです。

ありがとう寄稿。

竹内 力さんと言えば、代表作は「ミナミの帝王」が思いつきます。25年程前は昼ドラで非常にさわやかな青年の役をやっており、高校生だった私は一目で恋に落ちました。大人の男性に憧れもあったのだと思います。

評判・人物評「竹内力さん、代表作は「ミナミの帝王」が思いつきます」好きな芸能人。 - ジャンプ部屋ブログ