読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ダスティンホフマン、トムクルーズ共演の感動作品…感想レビュー「レインマン」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

映画感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

レインマン ダスティンホフマン、トムクルーズ共演の感動作品

もう30年以上も前の作品ですが、一件の価値があります。2大俳優さんの共演で、話題となりましたし、この映画のおかげで、「自閉症」と言う言葉が世の中に知られる様になった気がします。いずれにせよ、この映画はトムクルーズ主演作の中で、最高傑作だと思います。
私はこの映画を何回か見ていますが、この映画の見どころは三つ程あると思います。⑴ロードムービーとして、ルート66を始めとするアメリカの日常的な町並みが映し出され、自分がドライブしている様な感覚を楽しめること.、⑵自閉症の特徴である、人とのコミュニケーションに障害があること、物事に強いこだわりがあることがユーモラスに描かれていること⑶トムクルーズの兄に対する、態度と心境の変化です。
そうした中で、私がいつも、感動してしまうシーンは、兄である、ダスティンホフマンが、赤ん坊だったトムクルーズの為に、自宅を出て、施設に入ったことを、トムクルーズが知るシーンです。そのときに、ダスティンホフマンがトムクルーズの頭ぽんぽんと優しく叩くのですが、その姿が感動してしまいます。

ありがとう寄稿。

デートをするという企画なのだが、実は裏があり、別室から日村の相方である設楽統、ピン芸人バカリズムが「○○をしろ」「○○と言え」といった感じで指示を出し、日村は奇怪なことばかりやらされるのだ。

そんなバカなマン2016年8月2日/感想!村勇紀がゲスト女性タレント(飯豊まりえ)とデートをするという企画…(ネタバレ注意)。 #TV | みんなのレシピ・お料理ブログ。