読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ドクターケイ・Doctor k-地球上最強の寄生虫兵器編第10話「アメリカ消滅」(真船一雄)感想&あらすじ・Kは逆転のシナリオが出来ている事に策略がある様子…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

寄生虫によって感染されてしまったメンバー達でもあるのです。ここからの逆転はあるのかかなり見物にもなってくるものです。

面白いところ。

Kは逆転のシナリオが出来ている事に策略がある様子でもあるものです。最後もかなり面白く見ていけるものです。

好きなところ。

敵側の思惑に乗ってしまう事で州全体がパニックになってしまっているのがかなり伝わるものです。やはり感染症の怖さが印象を変えるのも納得出来るものです。

好きなキャラ。

KEI、KAZUYA

好きなエピソード。

唯一大統領が感染していない事に気づくKでもあるのです。周辺は何をするのかかなり疑問視する中でかなり不思議にもなってくるのが見えるものです。

おすすめ。

対抗策として何をするのかがかなり不思議な展開にもなってくる中です。カギを握っているのは「大統領」となってくるのが今後の展開にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

感染症にり患してしまってからパニックになってくるのがかなり早くなってくるのも分かるものです。医療に関わりが無くとも印象を与える事にもなる内容でもあるものです。

作者に関して。

感染症の怖さを読者に印象を与える事にもなってくるものです。

その他。

大統領は州民の為に残る事を考えてしまっているのです。やはり人間の痛みを一番に理解しているからこその考えが伝わるものです。

ありがとう寄稿。

長年連れ添った老夫婦、トラック運転手を率いる女社長、思い出のサンドイッチを初めて幼い娘に食べさせる父親、障がいのある子どもとひとときの休息をする家族。

ドキュメント72時間「名古屋 レトロ喫茶へようこそ」2016年7月22日/感想!お客様は、常連さん。長年連れ添った老夫婦、トラック運転手を率いる女社長、思い出のサンドイッチを初めて幼い娘に…(ネタバレ注意)。 #TV | みんなのレシピ・お料理ブログ。