読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ドクターケイ・Doctor k-地球上最強の寄生虫兵器編第7話「悪魔の咆哮」(真船一雄)感想&あらすじ・Kの祖父でもある「一宗」がこの内容には関わりが…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

磯永を救出しなければいけない事で気持ちが先走ってしまう展開にもなってくるものですが真相を知る事でかなり考え方にも変化が出てくるものです。

面白いところ。

組織においてはK一族との因縁の関わり方を持っているのです。過去の出来事に関してはかなり感慨深いと感じるばかりにもなってくるものです。

好きなところ。

Kの祖父でもある「一宗」がこの内容には関わりがある様にも思えるものです。やはりKの気持ちにはぶれないのが凄いと感じるばかりにもなってくるものです。

好きなキャラ。

KEI、KAZUYA

好きなエピソード。

過去の出来事に関しては考え方一つで理解の仕方にも変化が出てくるものです。それに一宗自身も医療の部分を忘れないのもかなり納得してしまうものです。

おすすめ。

相手は既にアメリカに逃げ込んでしまった後でもあるものです。それにK達も再び追いかけて行こうとするのはかなり見所にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

相手に関しては生命を脅かす事しか考えていないのがかなり納得してしまうのですが一宗自身はそれを許さないのが分かるものです。

作者に関して。

考え方一つで展開にもかなり変化が出てくる内容にもなってくるものです。結構見入ってしまう展開も目白押しにもなってくるものです。

その他。

組織に立ち向かう為にドイツに乗り込む事になったK達でもあるのです。しかし相手の情報網もかなり凄いと感じるばかりにもなってくるものです。

ありがとう寄稿。

アベノミクスの効果って、持たざる者は変化なし、持っている人はより持つようになった、という感じなんじゃないでしょうか。大企業の正社員とかであれば給料が上がったりしている方もいるのかもしれませんが、我が家とは無縁の世界。

持たざる者は変化なし、持っている人はより持つようになった【アベノミクス効果なし】我が家では感じてません。 - みんなの恋愛ブログ。