読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ドクターケイ・Doctor k-地球上最強の寄生虫兵器編第6話「道連れ」(真船一雄)感想&あらすじ・磯永に関しては何も知らない事でKEIを守ろうとするのです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

組織の人間においては成功する為に手段を択ばないのもかなり納得してしまうのです。それに伴い道のりに関しても見入ってしまうものです。

面白いところ。

磯永に関しては何も知らない事でKEIを守ろうとするのです。しかし組織の怖さを知っているからこその言動にもかなり見物にもなってくるものです。

好きなところ。

KEIが慌てて磯永の検査をするのはかなり緊張感が高まってくるものです。しかし治療に対しての逆になってしまうのはかなり驚くばかりにもなってくるものです。

好きなキャラ。

KEI、KAZUYA

好きなエピソード。

平穏に過ごしていたはずのKEIに関してはかなり普通にも思えるのですが逆に組織から逃れないのもかなりカギになってくるものです。

おすすめ。

組織を追いかける為のプロセスにはかなり注目する事にもなってくるものです。それに磯永を無事に助ける事が出来るのかも注目しながら見ていければと思うのです。

作品に関する思い出。

組織の怖さには見てても共感出来るものです。しかしそれに立ち向かおうとするK達の心意気にはかなり見入ってしまうばかりにもなってくるものです。

作者に関して。

平穏から再び闘いに向かおうとする道のりは決して平たんではないのが分かるものです。

その他。

K自身は初め単身で敵側に行こうとするのです。しかしKEIの気持ちに関してもかなり共感出来る内容にもなってくるものです。

ありがとう寄稿。

まずこの本は小さな文庫本です。コンビニで見つけて即買いしました。私はタイピングこそすらすらできますが、その程度のレベルでトラブルが発生したりしても対処できないし、便利なショートカットも少ししか知りません。

感想・書評「パソコンたったの3秒瞬間ワザ:たくさがわつねあき著」ネタバレ注意・巻末にはFAXで質問までできるお知らせもあります(レビュー)。 #読書 - みんなの政治経済ブログ。