読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ドクターケイ・Doctor k-地球上最強の寄生虫兵器編第1話「夢への大飛行」(真船一雄)感想&あらすじ・ジャンプを観戦しているのはかなり驚くものです…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

Kの過去の患者さんの出来事にもなってくるものです。その中でも思い出が強いのも印象にあるものです。

面白いところ。

KEIもジャンプを観戦しているのはかなり驚くものです。それに治療費の事など聞いているのですがKの治療費に関する話には感激するものです。

好きなところ。

患者でもある「柏原」は一度地獄を見ているのも分かるものです。苦労があるからこそ輝けるのも共感出来るものです。

好きなキャラ。

KAZUYA、KEI

好きなエピソード。

大手の病院では柏原の症状のみで疾患を確定してしまうのです。しかしKに関しては奥底を見据えているのがかなり印象にも残ってくる内容にも思えるものです。

おすすめ。

Kの診断には「肺塞栓症」と言うのが的確にもなっているのが共感出来るものです。やはり医療には全体を診ていけるのはかなり大切にもなってくるのが伝わるものです。

作品に関する思い出。

なかなか診断名に関してはそれぞれの見方があるのですがKの観察力には流石とも言えるものです。それに伴う恩返しにもかなり見物にもなってくるものです。

作者に関して。

大一番な場面でもきっちりと発揮出来るのがかなり嬉しい感覚にもなってくるものです。

その他。

冬季スポーツは生で観戦する事で気持ちの面に関してもかなり高ぶってくるのも分かるものです。恩返しにも応えるのが共感出来るものです。

ありがとう寄稿。

消費税増税で消費者の財布のひもがさらに固くなったような気がします。

求人も増えたような声が聞かれますが、実際は正規社員ではなく派遣とアルバイト、パートではないでしょうか。

恩恵は大企業と富裕層のみ【アベノミクス効果なし】最低賃金が引き上げられましたが消費税増税分を考えると以前と何も変わっていない。 - みんなの政治経済ブログ。