読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

ドクター・ケイ・Doctor k「怪物出現編」第14話「吸血鬼狂騒曲」(真船一雄)感想&あらすじ・腎盂腎炎として治療をしていたはずの患者でもあるのですが様子が…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このタイトルに関してかなり共感してしまう内容にもなってくるものです。実際に感染している場面も見入ってしまうものです。

面白いところ。

石動が司法解剖をしている場面に「吸血鬼」を連想させる内容にもなってくるものです。違和感にもなっている感覚でもあるのですが事件のカギになってくるのが後に分かるのも納得してしまうものです。

好きなところ。

Kが看護師に指示を出すのはかなり不思議にもなるのですが核心にもなってくるのが後にかなり共感出来る内容にもなってくるものです。

好きなキャラ。

KAZUYA

好きなエピソード。

腎盂腎炎として治療をしていたはずの患者でもあるのですが様子がおかしい事で医師達もかなり戸惑ってしまうものです。私自身もこの内容には共感出来るものです。

おすすめ。

違った症状が出て対処に困った展開にもなってくるものですがこの後にはどの様な対応にするのかがかなり見物にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

多少なりとも医療を知っていると思わず「えっ?!」と感じる場面でもあるものです。

作者に関して。

難題にも感じやすい症状に対してどの様な関わり方をするのかが見ていければと思うのです。

その他。

事件のカギになってきそうな部分が見えてくるものです。その中でも看護師が感染してしまっているのが気になってくるのですがこの後の展開次第にもなってくるのが見入ってしまうものです。

ありがとう寄稿。

読んでいてずっと笑いが止まらなかったです。やっていることのシュールさと綺麗なタッチのイラストがなんともマッチしていて最高に面白いです。主人公はごく普通で、勉強もスポーツも成績も極普通で空気ように存在感のない2人、鈴木花子と鈴木太郎です。

ピカ☆イチ全7巻(原作:持田あき・作画:槙ようこ)感想&あらすじ・主人公は存在感のない2人、鈴木花子と鈴木太郎です…ネタバレ注意。 #マンガ - ナカノ実験室