読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン16巻第9話「岡添の誘い」(三田紀房)感想&あらすじ・国体優勝を決める事が出来た鷲ノ森でもあるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

青年マンガ その他
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

無事に国体優勝を決める事が出来た鷲ノ森でもあるのです。そんな中で岡添監督からの誘いがクロカンにあるのです。

面白いところ。

監督が留守の間に各地の有名な所から引き抜きの連絡が続くのです。実家の母親に関しても表情を見ると分かるものです。

好きなところ。

坂本達が加わると圧倒的な強さを見せつけるのも分かるものです。この強さに関してはクロカンの指導が伝わっているのが納得するものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、備前大介、坂本拓也、浅井和史

好きなエピソード。

この大会に関してはクロカンも焦る事無く落ち着いて試合を見ているのが印象にも残るものです。

おすすめ。

翌日にミーティングをしている中で「最後」とクロカンは言い出すのです。周囲の反応にも様々な形で表しているのも納得してしまうものです。

作品に関する思い出。

3年生に関してはクロカンの指導を身をもって経験しているからこそ気持ちにも理解出来るのが分かるのですがこの難題にここからどの様に向かうのかが見物にもなってくるものです。

作者に関して。

どこか寂しい内容にも思えるものです。熱血漢のクロカンではないのが気になってくるのですが岡添監督がクロカンに何を言い出すのか見ものにもなってくるものです。

その他。

転校宣言したメンバー達にも優勝した事は伝わっているのです。やはり歓喜の時は一緒に味わいたいのも納得するのではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

生後間もない子供を愛らしいと思う余裕もなく、赤ちゃん返りが続く長女に苛立ち、すべてが上手くいかないと自分を責める毎日の中、解決の糸口を探すように様々な育児本を読み漁るのだった。

感想・書評「愛着障害 子ども時代を引きずる人々:岡田尊司」ネタバレ注意・次女を出産後、私は産後鬱になり日々の家事・育児が苦痛で仕方なかった(レビュー)。 #読書 - みんなの芸能ブログ。