読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン16巻第2話「出すべき回答」(三田紀房)感想&あらすじ・備前と小鹿が東京に帰ってしまうのです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

それぞれの回答を求められる内容にもなってくるものです。なかなかシビアな展開にもなってくるのですが答えは見つかるのかが見入ってしまうものです。

面白いところ。

備前と小鹿が東京に帰ってしまうのです。平泉先生は追いかけるのですがクロカンは選手を信じようとするのもかなり共感出来るものです。

好きなところ。

備前は甲子園での出来事があってから練習にも顔を出さないのです。しかし平泉先生は説得を試みようとするのですが逆にクロカンの話で全て纏まってしまうのも分かるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、田代良治

好きなエピソード。

失った物に関しては選手や監督が一番理解しなければいけない事でもあるのですがやはり「自主的」になってくると考え方にもかなり変化を求めるのではないかと感じるものです。

おすすめ。

イメージとギャップがあると時と場合によっては辛いと感じるのも無理ではないかと思うのです。ですがなかなかイメージがつくと払うのも大変ではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

先生どうしとの会話に関して顧問の先生も成長を遂げるならお願いするしかないと言うのもかなり共感出来るのではないかと感じるものです。

作者に関して。

緊張ばかりの内容にもなってくるのですが、それぞれの考え方にも分かる所も結構あるのです。

その他。

鷲ノ森高校においては課題の山積しているものです。なかなか上手く行かないと思うのですがクロカン自身がどの様な流れに持って行こうとするのか注目するのです。

ありがとう寄稿。

『今年は親戚にお祝い事があり、熨斗、表書きについて詳しく知りたいと思い書店で探しておりましたら鳩居堂ぽち袋セット付いています!

感想・書評「あなたの人生を変える日本のお作法:岩下宣子」ネタバレ注意・やさしい解説で興味がわくお作法の本です(レビュー)。 #読書 | アフィリエイト収入で生活したいブログ。