読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン16巻第1話「すごい人たち」(三田紀房)感想&あらすじ・相撲部に対戦を挑もうとする田代でもあるのですが逆にプレッシャーの弱さが露呈…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

相撲部に対戦を挑もうとする田代でもあるのですが逆にプレッシャーの弱さが露呈に出てしまうのはかなりマイナスにもなってくるのですが逆にここからの展開が見物にもなってくるものです。

面白いところ。

大竹との勝負で「待ったなし」の所まで来るのですが逆にプレッシャーで気を失うのはかなり唖然とする展開にもなってくるものです。ここからの展開にも見所にもなってくる。

好きなところ。

野球部内でも不満が溜まっている中での出来事にもなってくるのです。そんな中で大竹が田代に挑もうとするのは「はったり」では無さそうな感覚にもなってくるのが分かるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、坂本拓也、浅井和史、田代良治

好きなエピソード。

見方を変えると大竹の言い分に関してはかなり一方的な部分があるのではないかと感じるものです。それを周囲がなだめようとするのも分かるものです。

おすすめ。

なかなか進んで行かない展開に気持ちがやきもきする場面もあるものです。弱気の田代をどの様な形で練習に結び付けるのか注目するものです。

作品に関する思い出。

新チームになってくると必ず輪を乱そうとするメンバーがいるのです。しかしクロカンはあくまでも選手の自主性に任せようとするのはかなり注目するものです。

作者に関して。

なかなか理解するまで時間を要する内容にもなってくるものです。

その他。

不穏な空気が流れようとする所でクロカンが登場するのはなかなか良いタイミングではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

小説すばる新人賞は、私の大好きな作家さんの一人、村山由佳先生が審査員をされている賞なんです。

感想・書評「ラメルノエリキサ:渡辺優」ネタバレ注意・不思議な言葉がタイトルになった本は、第28回小説すばる新人賞の受賞作(レビュー)。 #読書 - みんなの恋愛ブログ。