読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

Doctor k(ドクター・ケイ)怪物出現編第9話「最後に笑う者」(真船一雄)感想&あらすじ・沢井が一旦離れていたのですが改めて来るのです…ネタバレ注意。 #マンガ

青年マンガ その他
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

一旦は捕まったはずでもあるのですが潜入した先で新たな敵に会うのはかなりマイナスの感覚にもなってくるものです。

面白いところ。

沢井が一旦離れていたのですが改めて来るのです。この時に護送車が偽物と知ってからどの様な形で追いかけようとするのかがかなり見物にもなってくるものです。

好きなところ。

捕まってしまったKEIでもあるのですが一瞬の切り替えでピンチを脱出出来るかと思いきや逆に銃の乱射で避けきれない展開にもなってくるのですが果たしてどの様な形になってくるのかが見物にもなってくる。

好きなキャラ。

KEI、藤岡先生、正雄

好きなエピソード。

銃の乱射をしている中でKEIを必死に庇おうとするのはかなり凄いと感じるばかりでもあるものです。やはり大切にもなっているかと思うのでは感じるものです。

おすすめ。

脱出したはずのKEIが再び戻ってしまうのです。藤岡先生は不思議にもなっいるのですが逆にKEIの生まれ変わったと言う言葉の重みが分かるものです。

作品に関する思い出。

このタイトルに関してはかなり意味深にもなってくるのですがキチンと悪は裁かれるのではないかと感じるものです。

作者に関して。

この後KEIは藤岡先生を救う事が出来るのかがかなりカギにもなってくる。

その他。

撃たれてしまった藤岡先生でもあるのです。満身創痍の中でもあるKEIは手術をする事が出来るのかがかなり見物にもなってくるものです。