読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

Doctor k(ドクター・ケイ)怪物出現編第1話「決死の脱出行!!」(真船一雄)感想&あらすじ・強盗事件が発生したのですがその中でも仲間が疑われてしまった事で…ネタバレ注意。 #マンガ

その他 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

強盗事件が発生したのですがその中でも仲間が疑われてしまった事でいろいろと探りを入れようとするのはかなり見物になってくるものです。

面白いところ。

ケガを負った中でKEIの元に来るのです。初めは黙っていたKEIでもあるのですが警察官に向かって行くのはかなり面白くなってくるものです。

好きなところ。

ケガを負ったのは「谷川修治」です。初めはこの強盗には無関係と言い出すのですがかなり見所にもなってくるものです。それにキチンと働いているのを見ていると変わってくるのも分かるものです。

好きなキャラ。

KEI

好きなエピソード。

KEIが警察に無実を言い出すのですが一方的に聞こうとしないのです。それだけでなく姿事態も否定するのは何とも言えない感覚にもなってくるものです。

おすすめ。

KEIの怒りに触れてしまった事でこの後にはどの様な形で情報を集めようとするのかがかなり見物にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

医療に関して復讐する事しか考えていなかったKEIが助ける事にもなってくるのはかなり違った感覚にもなってくるものです。

作者に関して。

警察の横暴さがかなり露わに出てしまうのです。それにどの様な形で無実を証明するのかがかなり気になってくるものです。

その他。

修治は病院に行かなければ行けないのですが仲間が必死に警察をかばおうとするのは絆の強さが見えるものです。

ありがとう寄稿。

39歳独身で美容皮膚科クリニック経営のみやびが、年下の28歳の彼氏、諒太郎のシェアハウスに遊びに行ったところから始まりました。

私結婚できないんじゃなくて、しないんです。第7話/ドラマ感想&あらすじ・諒太郎の部屋のドアを開けたら、クリニックで働いている梨花が出てくるんだもん(ネタバレ注意)。 #DRAMA | みんなのレシピ・お料理ブログ。

1996年に発売された「私は作中の人物である」という本があります。作者は小説家の清水義範という人です。この本は短編小説が10本集めて作られた本ですので、短編によって内容は変わってきますが、そのうちの多くは清水義範独特の視点で書かれた本のためとても個性的で笑えます。

感想&書評「私は作中の人物である:清水義範」(ネタバレ注意)感想レビュー・冒頭からミミズが主人公として出てくるのです。 #Novel | おすすめ面白い小説用ブログ。