読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

Doctor k-ドクター・ケイ1巻第13話「KEIの腕」(真船一雄)感想&あらすじ・生体肝移植をする事になったのですがKEIのオペの腕前を拝見…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

生体肝移植をする事になったのですがKEIのオペの腕前を拝見するのですがやはりK一族ともなってくると鮮やかに熟すのも分かるものです。

面白いところ。

記者会見する事になった病院側でもあるのですが逆にKEI自身が利用して病院を失墜させてしまうのはかなり面白くなってくるものです。

好きなところ。

患児からお礼を言われるのはかなり複雑な心境にもなってくるものです。素直になれないKEIの気持ちにも共感出来る内容にもなってくるものです。

好きなキャラ。

KEI

好きなエピソード。

12時間を超す大手術を熟すのはかなり凄いと感じるばかりでもあるのです。この場面を見ると流石と言えるものですが医師達の腹黒さは理解しにくいものです。

おすすめ。

病院側としては患者さんを投げ出す事が出来ない為に最後まで面倒をみると思う内容にもなってくるものです。しかしKEIの気持ちの変化には果たしてあるのかがカギにもなってくる。

作品に関する思い出。

患児からのお礼でKEIの事を憧れに抱くのです。しかし素直になれないKEIの気持ちにもかなり共感出来る内容にもなってくるのが分かるものです。

作者に関して。

KとKEIがようやく会えるのですがこの両名が何を語ろうとするのかがかなり見物になってくるものです。

その他。

オペを開始してからKEIに渡されたカルテには記載されていない事が次々に発覚するのです。ここまで改ざんするのはかなり嫌な感覚にもなってくるものです。

ありがとう寄稿。

内職は、精密機械の電子部品部分の穴へ細い電線のようなものを通す仕事でしたが、その電子部品を固定するのに使用する両面テープを付けたり、はがしたりする手伝いをしていました。

中学生がお金を稼ぐ方法「母の内職の手伝い」精密機械の電子部品部分の穴へ細い電線のようなものを通す仕事(小遣い稼ぎ)。 - ナカノ実験室