読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

クロカン15巻第5話「さようなら甲子園」(三田紀房)感想&あらすじ・最後の終わった瞬間の選手達の表情はかなり切ない気持ちに…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

最後の終わった瞬間の選手達の表情はかなり切ない気持ちにもなってくるものです。

面白いところ。

クロカン自身も最後の結末には愕然としてしまうのも思わず感じてしまうのではないかと感じるのではないかと思うのです。監督として見えてくるのが違ってくるのも思わず感じ方も変わってくるのではないかと思うのです。

好きなところ。

逆転負けをしてしまったチームの表情に関しては思わず崩れるのがよく目にするのですが見ててもかなり切ないばかりにも感じるものです。

好きなキャラ。

黒木竜次、坂本拓也、備前大介

好きなエピソード。

本当は一番に「決勝戦」の舞台に立たせたかったクロカンでもあったのですが泣き崩れるナインを優しく微笑んでいるのはかなり切ないものです。

おすすめ。

最後の挨拶では.観客からも惜しみなく感動の声がかかっているのです。ですが選手達においては別の感情にも近いのがあるのではと思わず感じるものです。

作品に関する思い出。

誰を責める事が出来ない内容ではないかと感じるものです。逆にここからが新たな課題が見つかってくるのではないかと思うものです。

作者に関して。

最終的には「気持ち」の動きがカギを握っているのではないかと感じるものです。ですが誰もが分からないのも試合の怖さではないかと思うものです。

その他。

エラーをしてしまった備前の気持ちの変化にもかなり見物になってくるのではないかと感じるものです。

ありがとう寄稿。

すっかり勢いに乗っている中ではかなり笑ってしまう内容にもなってくるものです。チャンスの中でどの様な流れになってくるのが見物になってくる。

クロカン12巻第10話「自信」(三田紀房)感想&あらすじ・坂本は最後のチャンスに廻った中で作品は終わってしまうのですが…ネタバレ注意。 #マンガ - 面白い漫画を教えてください。