読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

K2・1巻カルテ2ノート(中編)(真船一雄)感想&あらすじ・安楽死について考えさせられる事にもなるものです…ネタバレ注意。 #マンガ

イブニング 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

安楽死について考えさせられる事にもなるものです。なかなかこの考え方に関しては同感出来るのは難しいのではないかと感じるものです。

面白いところ。

ひたすら「死」を印象させやすい感じでもあるのですが一也達に関しては「生」に因むのも納得出来るのではないかと感じるものです。

好きなところ。

TETSUの死に関してのエピソードに関してはかなり意外な感覚にもなるものです。この考え方に関してもかなり共感を呼ぶ内容にもなってくるのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

一也、TETSU

好きなエピソード。

一也自身はTETSUからいろんな事を教え込もうとするのです。それに伴いどの様な形で答えを出そうとするのかがかなり気になってしまうものです。

おすすめ。

TETSUとKとの昔話についてはかなり懐かしさを感じやすいのではないかと思います。私自身もこの展開に関してはしみじみと感じやすいものです。

作品に関する思い出。

一也はTETSU自身の「答え」を見出そうとするのですがここで神代一人も加わる事でどの様な展開になってくるのかが気になってくるものです。

作者に関して。

それぞれの立場に関してはかなり考えてしまう場面でもあるのです。

その他。

安楽死に望んでからはかなり考えさせられる事にもなってくるものです。ですが「神代一人」と巡り合わせてからがかなり気になってくるものです。

ありがとう寄稿(マンガ感想記事)。

大会には、一癖もふた癖もある様な印象的なキャラクターが新たに登場する事も期待してしまいます。

ものの歩・第6局「かやね荘」感想&7話予想+あらすじ・確定ネタバレ注意!信歩のデビュー戦まで、あと12時間後に迫っていた…週刊少年ジャンプ感想47号2015年 - ジャンプ部屋ブログ