読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

いただきハイジャンプ10月14日放送/感想!ボーリングでパーフェクトゲームを達成せよ!…(ネタバレ注意)。 #TV

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

10月14日放送 いただきハイジャンプ Hey!Say !Jumpがボーリングでパーフェクトをめざす

Hey!Say!Jumpが視聴者から寄せられた様々なピンチを解決、疑問を検証するこの番組。過去、夏に売り上げが落ちるケーキ屋をウェルカムボードで救う、食べ放題バイキングで元を取るため奮闘などなどそれぞれ様々な企画に挑んで来たJumpメンバー。

しかし今回のロケはレギュラー化初、9人全員参加となる。そのチャレンジは…「ボーリングでパーフェクトゲームを達成せよ!」プロ選手でもなかなか出るものではないという全フレームストライクに挑もうというのだ。テンションが上がる他メンバーを尻目に、自分はぜんぜん楽しくないと文句をつける伊野尾の可愛らしさはファン垂涎の表情。

しかし投げ切る筋力はないとまで宣言されてしまうともう心配だ…。流石、自他ともに認める運動音痴なだけある。そこでこの挑戦、9人中誰か1人でもストライク達成でそのフレームはクリアというルールに。まさにJumpのチームワークが試される。ボウリングが得意だと笑顔を浮かべていた知念、高木の成績こそ振るわないもののテンポよくストライクを連発する中島、山田、岡本ら。このままいけるんじゃないか…。そんな空気が漂い余裕だと大口をたたき始めるメンバー。自称ボウリングは素人の有岡もテンポよく結果を残している。

しかし迎えた第7フレームであえなく挑戦失敗で振りだしに戻ってしまう。やはり無謀だったのか…? パーフェクトゲーム達成経験のあるプロ選手のアドバイス、サポーター器具等の助けを借りるものの失敗は続く。そしてついにスタッフからの非情な宣告。ボウリング場の閉館時間が迫っているため、次の挑戦に失敗したら即終了…。そんな中、山田が言う。「熱い思いみたいなのが、ないんじゃないか」「絶対に俺が(ストライクを)とらなきゃいけないっていう気持ちでやってるかどうかだよね」。

全員での挑戦が仇となり、いつの間にか誰かがストライクを出せばいいやと他力本願になっていた。俯きながらもそのことを反省し、各々が決意を新たにする姿はバラエティとは思えないほど感動を誘う。そして9人は円陣を組み、ボールを手に、目の前のレーンへ歩を進める。果たしてその結果は…? そして最後の挑戦、絶体絶命のピンチに投げることになったストライクゼロ伊野尾。…大丈夫なのか!?

ありがとう寄稿。

以前から度々マツコは横浜市民に対して怒りをぶちまけていたんだけど、案の定この日も横浜市民のインタビューを紹介するVTRを見た瞬間怒りが大爆発した。

月曜から夜ふかし(10月12日放送)感想!神奈川の市町村を調査した件いうテーマの企画を放送…(ネタバレ注意)。 #TV - ジャンプ部屋ブログ