読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

映画感想レビュー「私の男」評価・桜庭一樹原作、直木賞を受賞した作品でもあり私も物語にのめりこんで一晩で読了した作品…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

原作小説を読んだ上で鑑賞した「私の男」について

桜庭一樹原作の「私の男」
直木賞を受賞した作品でもあり私も物語にのめりこんで一晩で読了した作品でした。
映画化するにあたり原作と同等または以上の雰囲気を作り出すことができるのかと不安に感じていました。
ですが出演者が今勢いのある演技派女優二階堂ふみ、また実力派俳優の浅野忠信であることを知り期待を胸に映画を鑑賞することができました。
映画を見て1番最初に感じたことは原作とは時系列が全く逆だったので違和感でした。
そして原作ではより深く掘り下げられていた主人公・花(二階堂ふみ)や花の養父、淳悟(浅野忠信)の感情や今まで歩んできた人生についてがなかなか映像からは読み取ることが難しく感じました。
さらに物語の中心となるワード「近親相姦」、なぜふたりが近親相姦に及ぶことになったかの内容が薄く感じました。
映画を見る限りでは北海道の美しい風景の中で主人公・花の若く美しい身体、甘い蜜さらには生気などのすべてを養父である淳悟がすべて吸い尽くし搾り取ってしまう、という印象を強く受けました。
ですが時系列が逆ということで物語を違う視点から見ることができ、自分の中での考察をさらに深めることができました。
原作ファンには多少の物足りなさが感じられるかもしれませんが、映像美を楽しむことはもちろん新たな発見もあるかと思いますので1度映画「私の男」を鑑賞することを私はお勧めします。

ありがとう寄稿。

秩父で繊維業を営んでいた父方の祖父が、福岡の母方の祖父の繊維学校の校長であったことから親交が生まれ、設楽さんのご両親が結婚することになったといういきさつには、とても運命的なものを感じました。

ファミリーヒストリー9月18日/感想!バナナマンの設楽統さん、秩父で繊維業を営んでいた父方の祖父が、福岡の母方の祖父の繊維学校の校長であったことから親交が生まれ、…(ネタバレ注意)。 #TV - みんなの恋愛ブログ。