読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

天皇の料理番・最終回と結末「俊子、未亡人となって、パリでの修行を終え帰って来た篤蔵と…」予想&感想ネタバレ注意・続編があるなら?

テレビドラマ感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

これまでの簡単なあらすじ、内容紹介(見どころなど)。

何をやっても続かず地元で適当に生きて来た秋山篤蔵。かさまわぉダメさ加減に呆れた親は昆布問屋の娘の所へ養子に出す。一時はやる気を出したものの適当な日々を送っていた頃、炊事軍曹にカツレツを食べさせて貰う事に。牛を食べる事に衝撃を受け、美味しさに感激する。西洋料理のシェフを目指し妻を残し上京。数々の苦難を乗り越えながら、仲間や尊敬出来る師匠、残してきた妻の想い、兄や親の助けを借り夢を追い続けパリへ進む。

登場人物達は、最後にどうなるでしょう?

篤蔵は皇室の台所を預かる程のシェフになり、彼をこれまで見守ってくれた兄・周太郎は病によって亡くなるでしょう。妻・俊子はすでに次の嫁ぎ先へ行きました。仲間としてやって来た辰吉は華族会館のシェフへとなり、新太郎は絵描きになるのではないでしょうか。

ドラマのラストシーンを想像してみましょう(ハッピーエンドか?バッドエンドか?)。

次の嫁ぎ先へ嫁いだ俊子ですが、お相手はかなり歳が離れているようなので、未亡人となって、パリでの修行を終え帰って来た篤蔵とまた結ばれるのではないでしょうか。お互いに想い合っている2人なので結ばれて欲しいです。

続編があるとするなら、どういう内容になるでしょう?

天皇の料理番になったその後の話が見てみたいです。篤蔵を何とか引き上げようとしてくれた尊敬する師匠、宇佐美さんのように、次は篤蔵が下の者を育てていくという内容です。