読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

黄龍の耳 第1巻AWAKE<目覚め>編VOL6・DESTINY<宿命>(大沢在昌/作・井上紀良/画)感想&あらすじ・希郎衛門の過去について語られるもの…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

希郎衛門の過去について語られるものです。この展開に関しては読者にもインパクトが強く感じるものです。

面白いところ。

琴子の策略に嵌りかけた希郎衛門でもあるのですが一筋の行動で美那一族の脅威について感じるのがかなり納得出来るものです。

好きなところ。

希郎衛門は伽那子が美那一族である事を知るのです。大河内は離れる様に説得するのですが真っ直ぐな気持ちに感動するものです。

好きなキャラ。

棗希郎衛門、ゴードン、伽那子

好きなエピソード。

先代の過去に関しては想像を絶する事にもなるものです。読者はどちらとも言えない感覚にもなってくるものですし、希郎衛門の気持ちも納得出来るものです。

おすすめ。

この美那家の脅威となってくる希郎衛門でもあるのですが因縁が深い事を知ると反発し合うのも分かるものです。果たしてこの展開はどの様になってくるか。

作品に関する思い出。

この話しの表紙に関しては魅惑の感じにもなっているものです。緊張感の中にも感覚が問われる内容にもなってくるものです。

作者に関して。

「棗家」「美那家」とそれぞれの過去については分かるものですがいがみ合っても発展しないのが気にもなってくるものです。純情を貫くのも分かるものです。

その他。

伽那子は希郎衛門の一筋な想いに気づき始めているのです。それに伴い無茶な行動をしてしまうのも納得出来るものです。