読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓49巻その531・すれ違う2人とその程度で・・・の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・本音はどの様な気持ちでいるのかが見物…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

一度は離れてしまった両者でもあるのですが、本音はどの様な気持ちでいるのかが見物でもあるものです。

面白いところ。

結維の友人がマキトの元に行くのです。その為にいろんな形で説得する事にも思わず「何で理解してくれないの?」と感じてしまうものです。

好きなところ。

マキトは気持ちの切り替えの為に結維お元に行くのです。ここでやけっぱちになっている様にも感じるものですが本音を言う部分には感じるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、曽根崎結維

好きなエピソード。

「抱くぞ」と言い実際に始めるのです。結維自身は必死に堪えようとするのですがここで結維の本音がかなり出てくるのが見物でもあるものです。

おすすめ。

ようやく両者共に告白する場面になってくるものです。素直な感情が出ているのがようやく分かり合える感覚にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

結維自身は離れたくない事を告げ、マキトは「帰ってくる」と告げるのが印象に残り易くもなってくるものです。

作者に関して。

カレーとは違う内容にもなってくるものですが本音の部分がかなり見えてくるものです。素直な感情が出てくるのが見所にもなってくるものです。

その他。

一度はマキト自身決心が鈍くなってしまっているのですが改めて決める場面に関しては納得出来るものです。その為にマキトの精一杯の気持ちが見える。