読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓49巻その525・2日目の旨さと世界統一カレー!の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・審査員の話に関しては驚くばかりにも…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このタイトルに関しては普通ではなかなか分からない事にもなってくるものですが審査員の話に関しては驚くばかりにもなってくるものです。

面白いところ。

決勝が始まる前にマキトが言ってた「2日目のカレー」がここで分かってくるものです。

好きなところ。

スパイスに関してはこのカレーにふんだんに使われているのは見えるものです。それに、複雑に絡め合う感じがまた魅力満載にもなってくるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、蓮見響也

好きなエピソード。

食器自体も「木」で作っているのはかなり凄いと感じる内容にもなってくるものです。これこそ「職人技」にもなって来るものではないかと感じるものです。

おすすめ。

審査員の一言がかなりの重みにもなってくるものです。読者においては分かるまで時間が掛かるものですが感動にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

片ケ瀬(父)がここまで絶賛するのはなかなか無い事にもなってくるものです。それに、万人向けのカレーにを作っているのもかなり納得出来るものです。

作者に関して。

話しの展開には短い感覚にもなってくるものですが、濃い内容にもなってくるものではないかと感じるものです。

その他。

マキトのカレーをこんなにも満足出来る内容にもなってくるのはかなり凄いと感じるものです。それに、想像出来る展開にも納得出来るものです。