読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓48巻その519・蓮見、完全復帰と「決着つけようか!!」の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・「2つのカレー」を作っていたのですが…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

正気に戻った蓮見で自身の中で起きた事を告げるのです。全てを理解しているマキトには理解出来る様な感覚にもなってくるものではないかと感じるものです。

面白いところ。

劉庵の意識が支配されていた時に「2つのカレー」を作っていたのですが意識を取り戻した事で自身の料理のみを作る事にもなったのです。ここからどの様になってくるかが良い展開にもなってくるものです。

好きなところ。

エディブルガーディアンの「技」のオンパレードにかなり圧倒されつつあるものです。なかなか見れる事でもない様にも感じるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト

好きなエピソード。

純粋に勝負を楽しみたい蓮見でもあるのですが「技」してはかなり見応えがあるようにも感じるものです。

おすすめ。

マキト自身もすっかりと気持ちに余裕が出てきた事で蓮見にも向かう事が出来るものです。この後にどの様になってくるかがかなりポイントにもなってくる。

作品に関する思い出。

土門や志良堂たちは劉庵の本音を聞いて涙するのです。ですが、すっかり共感してしまった志良堂は「匂い」で探すのも分かるものです。

作者に関して。

蓮見自身の料理についてこの後にどの様な形で料理していくのかがカギにもなってくるものです。

その他。

蓮見自身の包丁の舞について次回お披露目にもなってくるのです。蓮見父親もどの様にしていくのかが見守るのは期待するのです。