読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓48巻その518・開かれた記憶の蓋と人である最大の理由の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・土門は闇に囚われている劉庵に…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

記憶の中で真実を見出す事になったマキトでもあるのです。劉庵に対して核心に触れる部分にもなってくるのでかなり見応えにも感じるものです。

面白いところ。

劉庵の戦いに関してもこのマキトは本音を語る事で心の蟠りが解けるのはかなり良い事にもなってくるものです。

好きなところ。

劉庵はマキトの語りに関して心を開くものです。蓮見の意識が無い中で取り込む事に成功するのはかなり期待感にも増えてくるものではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト

好きなエピソード。

土門は闇に囚われている劉庵について疑問を抱くのです。マイナスの感情としか考えていない劉庵に懺悔にも感じるものです。

おすすめ。

劉庵自身も「表」「裏」と心の葛藤で戦っているのもかなり納得出来るものです。ですが、失ってからこそ気づく事もあるものです。

作品に関する思い出。

マキトは料理の理について劉庵に語るものです。強がりにもなっている劉庵の心を開けるのか一番にもなってくるものではないかと感じるものです。

作者に関して。

正気に戻った蓮見です。今までの展開はかなり分からない感じにもなっているのでここからが一番の楽しみにもなってくるものです。

その他。

劉庵を取りこんだ事で蓮見自身の意識も復活する事にもなったのです。そこから料理の作りにも変わって来るものではないかと感じるものです。