読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓48巻その517・劉庵の真実と人間であるための試練の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・志良堂を拾った事で「贖罪」として…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

足掻いているマキトは劉庵の過去について触れようとするのです。真実の中でマキト自身はどの様に見つけるのかもカギになってくるものです。

面白いところ。

劉庵は志良堂を拾った事で「贖罪」として振り返ろうとするのです。この後に劉庵はどの様に向かっていけるかがカギにもなってくるものです。

好きなところ。

マキトは劉庵の精神世界に飲まれかけているものです。そんな中で一つの「光」が出てくるのです。この希望がマキトにも輝いていける様にもなってくるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト

好きなエピソード。

土門はマキトに真実を掴もうとするのですが果たしてこの展開は物語にどの様な影響を齎すかがポイントにもなってくるものです。

おすすめ。

この話しに関しては過去で起きた事でどの様に贖罪と向き合うかがカギにもなってくるものです。

作品に関する思い出。

普段の生活にこの料理に関して考えるキッカケが無いものです。しかし、劉庵の出来事に関しては想像でしかないものですが結構読者としても受け入れるかがポイントにもなってくるものです。

作者に関して。

この後にマキトが劉庵にどの様に語るかカギにもなってくるものです。

その他。

劉庵の過去について読者としても考え深いものです。それに、内容としても「人間として!?」と考え直す事にもなってくるものではないかと感じるものです。