読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓48巻その516・笑えん料理とオレはひとりやない・・・!の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・土門がマキトに「願い」を掛けるものです…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

一人で戦っているマキトですが、今までの闘いを振り返って行く事で考え方においても変化が出てくるものです。

面白いところ。

足掻いている状態のまま料理を作ろうとしているマキトでもあるのですが変わらない事で精神世界に入ろうとするものです。この後にどの様になってくるかがポイントにもなってくるものです。

好きなところ。

土門がマキトに「願い」を掛けるものです。この想いに関して応える事が出来るかも見物であると思います。

好きなキャラ。

高円寺マキト

好きなエピソード。

今までの闘いが決して無駄にならないと思いたいと感じるものです。それに、意思は折れていないのも納得出来るものでした。

おすすめ。

相変わらず劉庵は先読みして料理を作ろうとするのです。負けじと意地を張るのですがこの展開に関しては何とも言えない感じにも思えるものです。

作品に関する思い出。

大舞台での料理を作るのは並大抵の気持ちでは出来ないものです。ですが、この展開に関しては当人でなくても感じる事は出来るものではないかと思います。

作者に関して。

気持ちの面に関してかなり感情が入り込んでくるような感じにも思えるものです。ここからマキトの逆転にも見物ですし、応援したくもなるものです。

その他。

マキトが言った「アンタの料理じゃ・・笑えんよ」と言うのはどの様な意味で言ったのかがカギにもなってくるものです。