読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓48巻その513・雑味こそ旨味!?ガルーダの素顔の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・劉庵の実力に関しては圧倒的な内容にも…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

このタイトルに関しては読者だけでなくいろんな方の考えにも変わってくるものではないかと感じるものです。

面白いところ。

「旨味」「雑味」に関して考え深い内容にもなってくるものです。一般的な考えだけでなくいろんな意味にも考えさせられる事ばかりにもなってくるものです。

好きなところ。

劉庵の実力に関しては圧倒的な内容にもなってくるものです。普通ではこの差に関して唖然とするものではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト

好きなエピソード。

二つ作る事になっている劉庵ですが、「超神速」でも無い限り出来ないと周囲は考えているものですが本来の力を見せつけられるのは唖然とするばかりにもなってくるものです。

おすすめ。

マキトは劉庵の実力の前にすっかり自信を失いかけているのです。そんな中でガルーダとして出場しているマキトに向かって包丁を投げるのは「えっ!?」と感じるものでした。

作品に関する思い出。

この後にどの様な料理を作っていくのかがかなり見応えが感じられるものです。

作者に関して。

最終戦に因んだ展開にもワクワクする様な感覚にもなってくるものです。それに、ガルーダとして作る事が出来るかも見物です。

その他。

完璧に劉庵のペースになってしまっているガルーダ(マキト)です。この後に逆転に繋がっていけるかがこれからのカギにもなってくるものです。