読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓47巻その512「不死鳥」天草大王と劉庵の余裕の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・蓮見(劉庵)の料理を解説しているのは想像出来ない…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

この話しで出てくる「天草大王」についてはなかなか知らない食材でもあるのです。果たしてこの料理はどの様になってくるかがカギにもなってくるものです。

面白いところ。

この天草大王について知らなくてもかなり手を込んでいければ美味しくなって出来るのもワクワクする様な感覚にもなってくるものです。

好きなところ。

観客席で蓮見(劉庵)の料理を解説しているのは想像出来ない場面にもなっているのではないかと感じるものでした。

好きなキャラ。

高円寺マキト

好きなエピソード。

劉庵はマキトが出場した事を直ぐに分かった事で二人分の料理を作ろうとするのです。この展開が後にどの様になってくるかが期待感を持ちたいと思います。

おすすめ。

マキトの想いがかなり強く伝わるのは分かるものです。やはり審査員の中で「むっさん」がいる事でこの想いが伝わるのかもカギになってくるものです。

作品に関する思い出。

決勝となるとかなりの緊張感が漂う事にもなってくるものです。その中でいかにぶれないでいけるかがかなり貫く事が出来るかがカギにもなってくるものです。

作者に関して。

果たして劉庵は二人分の料理を作る事が出来るのかがかなり期待する展開にもなって来るものではないかと感じるものでした。

その他。

この話しでは劉庵の料理について取り上げられるものです。この内容に関しては「えっ!?」と思わず感じてしまう様な感覚にもなってくるものです。