読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓47巻その511・両ファイナリスト入場と調理開始!!の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・インド料理の皇帝もすっかりと雰囲気が変わるものです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

蓮見とマキトの決勝戦になるものです。その中でもどの様に展開が進んで行くのかが見物でもあるのです。

面白いところ。

審査員ががらりと変わったのは「おっ!?」と感じるものですですが、その中でも「むっさん」が入った事でマキト自身もかなり意識が高まって来るものではないかと感じるものです。

好きなところ。

インド料理の皇帝もすっかりと雰囲気が変わるものです。その中でも助手として関わった女性がかなり気にしている姿は変わったなぁと感じるものでした。

好きなキャラ。

高円寺マキト

好きなエピソード。

物静かに入場するのです。並々ならぬ気持ちもかなり読者としては分かるものではないかと感じるものです。

おすすめ。

審査員の中に「片ケ瀬会長」が来るのです。最初はこの方に関して関心が無いものですが料理に関しても詳しいのは凄く納得させられるものでした。

作品に関する思い出。

蓮見として意識が無い状態で劉庵が登場するものです。マキトは「蓮見を返して貰う」と告知するのです。この想いが伝わるのかがカギにもなってくる。

作者に関して。

この後に料理がどの様になってくるか読者としてはカギにもなってくるものです。それに、蓮見は無事に帰って来るかも楽しみです。

その他。

ファイナリストが入場するのです。しかし、蓮見自身は劉庵に乗っ取られている事で意識が無いままにも感じるものでした。