読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓47巻その510・エディブルファイト決勝戦と最後のひとつ・・・!の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・いよいよ決勝戦が開始となるのです…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

いよいよ決勝戦が開始となるのです。それぞれの思惑が籠っているのも見えるのですがガルーダとして出場するマキトは勝つ事が出来るか!?

面白いところ。

マキトに関わった人物達はマキトの事を気に掛けるのです。それに、ヘキルも行かないと決め掛けるのですがまだ諦めないのが見えるのは可愛い感じにも思えるものです。

好きなところ。

ここからこの決勝戦に向けてそれぞれの想いが分かるものです。それに、マキト自身がどの様に向かうのかも見えてくるものではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、曽根崎結維、宇童

好きなエピソード。

作品内でも会った事が無い人物達が挨拶を交わしているのはある意味新鮮味があるものではないかと感じるものです。

おすすめ。

ガルーダとして出場するのは良いのですが変わりになっているのはバレないのかも緊張感を漂う感じになってくるものです。

作品に関する思い出。

決勝の舞台が東京ドームにて開始するのが驚くばかりにも感じるものです。その中で戦いがどの様になってくるかこれから期待感を持つ様にもなってくるものではないかと感じるものです。

作者に関して。

前哨としてそれぞれの想いが見えるものです。

その他。

展開に関してはかなり期待する事にも感じるものです。それにエディブル内でもかなり願望が込められるものではないかと感じるものでした。