読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓47巻その505「とても貴重な食材」と巨大な闇・・・の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・劉庵が拉致された先で特殊な料理を作る様に…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

劉庵の闇に関してはかなり辛い内容にも感じるものです。

面白いところ。

マキトや周囲はこの内容に関してどの様な反応を示すのかがカギでもあるものです。読者の視点からでも辛いと感じるものです。

好きなところ。

何気なく言っている「いただきます」「ごちそうさま」と言う意味にはこの内容で驚くべきにも感じるものです。改めてこのキーワードに関しても考える事もあるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、曽根崎結維、土門海

好きなエピソード。

劉庵が拉致された先で特殊な料理を作る様に指示されるものです。この内容関してはかなり「えっ!?」としか言えないものです。

おすすめ。

料理人としての精神状態に関しては参ってしまう事にもなってくるものです。ならではの辛いのも分かるものではないかと思います。

作品に関する思い出。

時代背景に関してもこの料理人の背景にも共感出来るものですが、「もしも」と考えるとなかなか共感は難しいのではないかと感じるものです。

作者に関して。

この食材に関してはあえて触れない方が良いのかもしれません。しかし、この劉庵が経験した事に関しては想像出来ない位にも感じるものでした。

その他。

劉庵の過去について語ろうとしているのですがこの内容に関してはかなり暗い過去にも感じるものです。それがこの後にどの様になってくるかがカギにもなってくるものです。