読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓47巻その504完全復活のジャマイカンチキンカレーと劉庵の忌まわしき過去の巻(ふなつ一輝)感想&あらすじ・マキトが復活した場面で劉庵の過去に関して…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

この話しはマキトが復活した場面で劉庵の過去に関して向き合う事にもなってくるものです。ここから劉庵の過去を知る事が分かるものです。

面白いところ。

土門がマキトの所に来たのは「決勝進出」した事を確認しにきたものです。それとマキトの決意を聞く事にくるものでした。

好きなところ。

マキトは土門に答えを出す料理を遇事にもなってくるものですがその「辛さ」については平気なの!?と思わず感じてしまうのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、曽根崎結維、土門海

好きなエピソード。

ガルーダとして出場するマキトでもあるのですが蓮見の中にいる劉庵の存在に気づくのです。にわかに信じがたいかもしれませんが土門の口から聞かされるのは説得力があるものです。

おすすめ。

国東は状況が把握しきれていないのが現状としてあるのです。その姿を見て「何で分からないの?」と思わず感じてしまうものです。

作品に関する思い出。

料理に関して心構えを論じようとしているのは凄く共感出来る部分が強く感じるものです。

作者に関して。

これからの展開がかなりワクワクする様な感覚にもなってくるものです。

その他。

対決の中で蓮見は志良堂の「嗅覚」を強奪しようとするのですが異変になってしまう事で展開はかなり変わって来るものです。ここからがかなり期待感が持つものです。