読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓41巻その441「皇帝の鬼神調理と旅に対する答えの巻」ふなつ一輝・感想&あらすじ・真の姿になったもののどこかスッキリとしない様な表情を…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

真の姿になった皇帝でもあるのですがこの姿はかなり嫌にもなってくるものではないかと感じるものです。

面白いところ。

皇帝は真の姿になったもののどこかスッキリとしない様な表情をしているのは気持ちの面においても分かるものです。その中でマキトがどの様にしていくのかが楽しみにもなってくる。

好きなところ。

マキトは皇帝の「負のオーラ」を感じている事で潰されかけているのですが「楽しい」と言う感情に持っていけるかがカギにもなってくるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、皇帝

好きなエピソード。

皇帝は過去の自分を取り戻しつつあるのですがこれとは逆に「悲しみ」が先立ってしまうのは何とも言えない感じにもなってくるものです。この後に期待感が持てるのではないかと思います。

おすすめ。

マキトの説得に関しては行動で示しているのは何となく分かるものです。やはり似たものは言葉はいらないのが分かるものではないかと思います。

作品に関する思い出。

料理人に関しては必要以上には何もいらないのではないかと思います。やはりマキトはかなり期待感も抱く人物でもあるのではないかと思います。

作者に関して。

この作者に関しては感情がかなりユニークにも書かれているのでは思います。なかなかこの展開に関してはワクワクさせられるのではないかと思います。

その他。

この後には皇帝に関してどの様に変化があるかがかなりポイントにもなってくるものです。