読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓41巻その440「組み上げられた記憶のパズルと「神」と「皇帝」の共闘戦線の巻」ふなつ一輝・感想&あらすじ・不思議と敵でもあるライバルから変化を伴う事に…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

皇帝の過去と現在が重なり合わせになってくるのです。この姿になってくるとかなり危険にもなってくるのではないかと感じるものです。

面白いところ。

不思議と敵でもあるライバルから変化を伴う事にもなってくるとは思いもよらなかったのではないかと思います。ですがここからがかなり見物です。

好きなところ。

過去と現在が重なり合うのはかなり印象にもなってくるものです。この後には「鬼」のような実力が見えるのは凄いとしか言えないのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、皇帝

好きなエピソード。

一言で吹っ切れた皇帝でもあるのです。この真の姿を見た周囲の反応が一瞬にして変わるのは凄いとしか言えない感覚にもなってくる。

おすすめ。

真の姿を見たマキトは逆に燃え上っているのはある意味凄いのではないかと感じるものです。普通であるとなかなか実力が出し切れないのではないかと思います。

作品に関する思い出。

料理の中でも物語はかなり印象に残ってくるのです。皇帝は底力が出てくるのではないかと思います。

作者に関して。

この後に続く展開がどの様になってくるかがかなりポイントにもなってくるものです。不思議とマキトの感覚に引きずり込まれていくのも分かるのです。

その他。

皇帝の真の姿がこの話しでは見えてくるのです。この内容についてはマキトの影響が大きいのではないかと感じるものです。