読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓41巻その437「思い出したー料理の原点と幼馴染の少年の名の巻」ふなつ一輝・感想&あらすじ・皇帝の過去について触れる機会にもなってくるもの…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

皇帝の過去について触れる機会にもなってくるものです。読者としてはこの内容についてはかなり厳しいのではないかと感じるものです。

面白いところ。

やはり遊んでいる時が一番にも嬉しい顔にもなっているのですがそれすら怒られるのは可哀想にも感じるものではないかと思います。

好きなところ。

この話しから出てくる「アタル」ですが皇帝の幼少期には精神的な支えにもなってくるものではないかと感じるものです。このアタルがこの物語には欠かせない事にもなってくるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、曽根崎結維

好きなエピソード。

子供ならではの成長は友人の協力が必要にもなってくるものです。家族環境にもいろんな形で影響が出てくるものではないかと感じるものです。

おすすめ。

感情を楽しむ事は一番大切にもなってくるものですが兄弟でこの厳しい感じは息苦しい感じにも思えるのではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

絶対的な部分で保っている皇帝ですがすっかり自信を失いかけている皇帝はどの様になってくるか今後楽しみにもなってくるものです。

作者に関して。

皇帝の家族については厳しい感じにもなってくるものですがどこか掴みにくい感じにも思えるものです。

その他。

子供なら他愛もない事ですが皇帝の過去については厳しい環境になっているのも可哀想にも感じるものです。