読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓41巻その436「カレー愛と再認識と剥がれ落ちた「神」」の巻・ふなつ一輝・感想&あらすじ・江上シェフも登場するのです…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

マキトの展開はかなり有利にも感じるものですが、逆に皇帝の苦しむ姿には精神面においてどの様になってくるか今後のカギにもなってくるものです。

面白いところ。

江上シェフも登場するのです。その中でも話している内容については読者においても納得出来る内容にもなってくるものではないかと感じるものです。

好きなところ。

苦しんでいる皇帝の姿はなかなか無いものですがこの苦しいのは過去の影響が強いのではないかと感じるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、曽根崎結維

好きなエピソード。

マキトの姿を見て過去に一緒に遊んだ人物とかぶろうとするのです。この人物が今後どの様になってくるか楽しみにもなってくるものです。

おすすめ。

神の声と言われた皇帝が剥がれ掛けているのです。この後皇帝にはどの様になって料理に向かうかがカギにもなってくるが展開は限りなく難しいのではないかと思います。

作品に関する思い出。

榊シェフも観戦しにくるものです。その中で蓮見シェフが声かけるのですがやんわりと断るのはなかなか見応えがあるものではないかと思います。

作者に関して。

周囲の反応だけでなくいろんな意味で考えさせられる事にもなってくるのです。マキトも皇帝もかなり佳境になってくるものではないかと感じるものです。

その他。

料理の中マキトのメニューについてはどの様になってくるかかなりワクワクする感じにもなってくるものです。