読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓41巻その435「伝家の宝刀タンドールと神を降ろした超絶技術の巻」ふなつ一輝・感想&あらすじ・マキトの料理についてはどの様な形になってくるか…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

マキトの料理についてはどの様な形になってくるか見ている方でもワクワクとするものです。どの様になってくるかこれkら期待感を持ちたいと思います。

面白いところ。

料理は楽しんでする事が一番になってくるものです。この状況がマキトの本来の姿ではないかと感じるのではないかと思います。

好きなところ。

タンドールについてはあまり知らない事になるのでこの試合についてはどの様に双方が料理をしていくのかが楽しみにもなってくるものです。

好きなキャラ。

高円寺マキト、曽根崎結維

好きなエピソード。

タンドールの内身についてはなかなか分からない部分が強くある様にも感じるものですので「マエストロ」と言われるのも納得出来るものです。

おすすめ。

周囲は不安になりながら観戦しているのですが当人達においては不思議な感覚にもなってくるものではないかと感じるものです。

作品に関する思い出。

料理についてそれぞれの考え方が見え隠れするのです。皇帝の料理については堅苦しい感じにも思えるものでした。

作者に関して。

普通であれば実力は半分も出し切れないのではないかと思うのですが、マキト自身は楽しもうとするのは見えるのではないかと思います。

その他。

結維の見る目は完璧に恋人の目をしているのです。やはり、楽しくと言う観点については分かるものではないかと感じるものです。