読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

華麗なる食卓29巻その307「華屋敷、その大阪洋食魂と究極粉物カレー!!の巻」ふなつ一輝・感想&あらすじ・光生の言っていた「魂が無い」と言うキーワードに…ネタバレ注意。 #マンガ

ヤングジャンプ 青年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

メニューを披露する中で華屋敷の皆の想いが込められているのは納得出来るものです。私自身もこの内容については関心させられるものです。

面白いところ。

光生の言っていた「魂が無い」と言うキーワードに対しての答えが分かるものです。なかなかこの内容については考え深いものでも有る様にも思えるものです。

好きなところ。

お好み焼きと広島焼きの違いについてはなかなか分らないままでもあったのでこの内容については驚くばかりにも感じるものです。

好きなキャラ。

七瀬真尋、甲斐谷晃、高円寺マキト

好きなエピソード。

お好み焼きを作成するだけでなくその細かな過程についても驚くにもなってくものです。見ていても思わず「食べたい」と感じるばかりにも思えるものです。

おすすめ。

ここまでの道のりには茨があるばかりにも感じるばかりにも思えるものです。ですが、答えが見つかると感動にもなってくるものです。

作品に関する思い出。

「カレー」と言う料理について固定概念に捉われる事ではなくいろんな幅で見れるのは考えが広がってくるものではないかと思えるものです。読者にも見えるのは納得出来るものです。

作者に関して。

この後の宇賀神の料理についてはかなり期待感が高まる事にもなって来るものではないかと思うのです。

その他。

華屋敷のカレー料理についてはなかなか「華」が有る様にも思えるものです。読者としても驚く感じにも思うのです。