読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

DEAR BOYS-ディアボーイズvol.12巻SCENE84「君のメロディー」(八神ひろき)感想&あらすじ・週刊バスケットの編集では全国の強者の話し合いに…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

苦難がある中でメンバーは次のステップに繋がってくるものです。この展開はかなりワクワクする様にも感じるものです。

面白いところ。

前話ではすっかり気落ちしている氷室先生でもあるのですが吹っ切れている姿はかなり活気が出るものでした。

好きなところ。

神奈川の学校内では次に向けた意気込みが語られているのです。この気持ちはそれぞれにもよって納得出来る場面にもなってくるものです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、杏崎さとみ、高階トウヤ

好きなエピソード。

週刊バスケットの編集では全国の強者の話し合いにもなってくるものです。この内容についてはレベルが高い様にも感じるものでした。

おすすめ。

その中でも本牧東での会話についてはならではの展開でもあるのです。それにそりこみの展開はしょげているのも笑ってしまうものです。

作品に関する思い出。

練習にも熱が入っているのは良い事ばかりにも感じるものです。瑞穂高校がこれからどの様になってくるかがかなり期待感を抱くものです。

作者に関して。

チームは良い事ばかりではないかと思うのですが苦難を乗り越える事で結束力も高まって来るものでした。この作品はいろんな場面を見れるのがかなり納得出来るものです。

その他。

先輩達と練習するのが最後になってくるのです。男子バスケットはかなり恵まれた環境にもなってくるものです。