読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

DEAR BOYS-ディアボーイズvol.12巻SCENE83「RE・DREAM」(八神ひろき)感想&あらすじ・氷室先生が悩んでいるのは気になって…ネタバレ注意。 #マンガ

マガジン 少年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

哀川が復帰するのですがその中で氷室先生が悩んでいるのは気になって来るものです。この後にはどの様にもなってくるかがカギにもなってくる。

面白いところ。

氷室先生は決勝後から考え込んでしまうのです。この後に先生が相談する人物がかなり期待するものです。

好きなところ。

氷室先生は相談相手にしたのが「飯島先生」です。本牧東の監督として相談する事で氷室先生は解決になるのかもカギになってくるのです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、杏崎さとみ、高階トウヤ

好きなエピソード。

最初は氷室先生は男子バスケの監督を辞めようかと思っているのですが果たして臨んだ回答が得られるかがポイントにもなってくるものです。

おすすめ。

そりこみが監督している理由について話すのです。この内容については読者にも納得させられるものです。選手の底力を出すのもかなり納得させられるものです。

作品に関する思い出。

監督ならではの悩みについても選手とは違った視点で見れるものです。私自身も両者の立場で見れるのは共感出来るものです。

作者に関して。

この話しについては監督の再復帰について書かれているのです。それぞれの考えにも共感出来る場面がかなりある様にも感じるものです。

その他。

哀川が復帰してからの男子バスケットは勢いが付くのは見えるものです。読者もかなり良い感じにもなってくるものです。