読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

DEAR BOYS-ディアボーイズvol.12巻SCENE82「君色に染まる時」(八神ひろき )感想&あらすじ・メンバーでも哀川が帰ってこない事でどの様に…ネタバレ注意。 #マンガ

マガジン 少年マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

すっかり自信を失っている哀川でもあるのです。その中でメンバーはどの様に打ち解けるかがカギにもなってくるものです。

面白いところ。

メンバーでも哀川が帰ってこない事でどの様にするかが違和感にもなってくるも団結力の高さが見えてくるのです。

好きなところ。

すっかりどの様にするかが分からなくなっている哀川がメンバーに入っていけるかがポイントにもなってくるものです。

好きなキャラ。

哀川和彦、藤原拓弥、杏崎さとみ、高階トウヤ

好きなエピソード。

哀川が天童寺時代のビデオを見ている事でメンバーは驚くのですが藤原が説得して他のメンバーが打ち解ける事が好きなエピソードでもあるのです。

おすすめ。

天童寺ではバスケ以外はバラバラであるのです。やはり読者はこの場面は納得出来るものです。チームの結束力が高める事にもなってくるのです。

作品に関する思い出。

瑞穂のチームは哀川が集結させた様な感覚にもなってくるものです。その中心がいなくなってくると虚しさが感じるのも納得です。

作者に関して。

チームの結束について書かれているのですが読者にも痛い位に伝わる様にも感じるものです。哀川の存在が重要にも感じるものです。

その他。

哀川が休んでから数日が経過するのですがチーム内ではかなり違和感だらけにもなってくるが今後の展開も期待するのです。トウヤの行動も笑ってしまうのです。