読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

美味しんぼ『究極vs至高』勝負が終わった後に雄山とゆう子が会話しているのは…第4話「究極vs至高サラダ勝負<5>」感想&あらすじ・ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。
  • 作・雁屋哲 画・花咲アキラ
  • 餃子・蒸し焼き・菓子・サラダ・チーズ

一言感想

サラダ勝負になる事で両者の手の内が分かってくるのです。両者の良い所が見えてくるものでした。なかなかハイレベルにも感じるものです。

面白いところ。

勝負の中で至高のメニューが取り上げられている内容についてはかなり圧倒される事にもなってくるのです。ですが、究極メニューも負けない所にもなってくるものです。

好きなところ。

勝負が終わった後に雄山とゆう子が会話しているのは本当に和やかな感覚にもなってくるものです。将来は安定にも感じるのです。

好きなキャラ。

山岡士郎、栗田ゆう子

好きなエピソード。

サラダの食べ方においてそれぞれの良さが見えてくるものです。私自身もこの良さについては甲乙付けがたい様にも感じるものです。

おすすめ。

最初は「勝負」と言う観点が強くなってくるものですが展開が進むに連れていろんな場面にも感じるものではないかと思います。

作品に関する思い出。

この話しについてはそれぞれの考え方にもなってるものではないかと感じるものです。これからもサラダについては永遠の課題でもあるものです。

作者に関して。

作者については本当に頭が下がるものです。普通ではなかなか思い浮かばない事も分かってくるのは驚くばかりでもあるものです。

その他。

サラダについて大詰めの所まで行くのです。その中で士郎は答えを見つける事まで行くのです。この時にゆう子が発言した事がかなり気になってしまうものです。