読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

美味しんぼ『究極vs至高/餃子・蒸し焼き・菓子・サラダ・チーズ』第1話「餃子の春(前編)」感想&あらすじ・最初は東西新聞社の同期が集まる事で…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

作・雁屋哲 画・花咲アキラ

一言感想

餃子のイメージがかなり変わってくるのです。ですが、視点を変えるとなると「美味しそう」にもなってくるのでした。

面白いところ。

最初は東西新聞社の同期が集まる事で餃子の話になってくるのです。初めは何気ない会話になってくるが展開が変わる事で話があるのです。

好きなところ。

その中でも同僚の「森沢」がある店長の山脇と良い関係になりかけているのですが今一つの反応にもなってくるものです。

好きなキャラ。

山岡士郎、栗田ゆう子、冨田副部長

好きなエピソード。

グータラばかりの山岡ですが状況を聞くうちに「究極の餃子」を作る決心するのです。この時の表情はかなり良い顔にもなってくるものです。

おすすめ。

寝ている中で同僚のゆう子が暗示をかけて餃子について関心を持たせるのはかなり面白い感じにもなってくるものです。

作品に関する思い出。

山脇が女房に先立たれてから一人で切り盛りしている中で森沢が好印象を抱くのです。この展開についてもかなり面白味を持つものです。

作者に関して。

この作者においては料理の魅力をフルに伝える様にも感じるものです。なかなか意識をしない事には分らないものではないかと思うのでした。

その他。

私は餃子の印象については「匂い」についてマイナスの印象にもなってくるものですがこの話からどの様になってくるかが期待感を持つようにもなってくるものです。