読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

弱虫ペダルGRANDE ROAD第3話「翔」感想&あらすじ・インターハイ2日目、金城、福富、御堂筋の三つ巴の戦い!ネタバレ注意。 #ANIME

アニメ 少年チャンピオン
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

弱虫ペダルGRANDE ROAD 第3話「翔」

ついにインターハイ2日目、金城、福富、御堂筋の三つ巴の戦い!今回は一期から異彩を放っていた御堂筋の過去の話です。御堂筋の自転車に対する熱意、何としてでも勝利を欲する意欲がついに明らかになりました。
御堂筋には病気の母がいてその病院に行く為に長距離ロードバイクで走って母に会いに行っていました。

帰りに自転車のライトの電池が切れて真っ暗闇の中を走ったり、何十キロある山道を走っていました。そこには現在の御堂筋の性格ではなく、母思いの頑張り屋で恥ずかしがり屋な御堂筋でした。その時点で私は心がキュンとなりました。学校での御堂筋は運動神経ゼロ、同級生にはバカにされロードバイクもバカにされていました。今では想像もできないくらいひ弱な少年でした。そんな御堂筋バカにされたことをバネにロードバイクの大会で優勝するようになり、母親にも自慢し、いつか母を後ろに乗せて、自転車にのる!と宣言したその直後、母の病代が悪化、そのまま帰らぬ人となりました。そこから御堂筋は現在の勝ちにこだわり、勝ちのためならなんでもするような人格に変わりました。
この回想からはじめの今泉に対して言ったレース中の嘘も何だか分かるような気がします。アニメは回想がおわりゴール前で終わってしまいました。今まで総北を応援していた私ですが、少し考えが変わりました!次回まで待てません!