読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面白い漫画を教えてください。

色々な「面白い!」を発信します。

スポンサーリンク

おおきく振りかぶって3巻(ひぐちアサ)感想&あらすじ・西浦高校野球部は、今大会注目の武蔵野高校の試合を観戦に…ネタバレ注意。 #マンガ

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

一言感想

新しいポジションやキャプテン、着々とチームが出来上がっていきます。

面白いところ。

創設したての西浦高校野球部は、今大会注目の武蔵野高校の試合を観戦に行きます。

そこで自分の投球に自信がない気弱な投手の三橋は、自分とはまったく毛色の違う投手・榛名のピッチングを目の当たりに…。

球速のない不思議な球筋のストレートやコントロール勝負の三橋とは違い、球速のある力強いストレートが持つ味のピッチャーで、更には自分の相棒のキャッチャー・阿部とバッテリーを組んでいたこともある榛名に、三橋はコンプレックスを感じます。

自分の投球に疑問や不安を持っていて、合宿以来、球速をあげたいと頑張っている三橋にとっては、自分とは対照的な榛名の投球は、コンプレックスを刺激して、今後の三橋の成長や西浦高校の力になっていくのだろうなと思うとワクワクします。

そんな中でも一番面白いと思ったのが、激マズプロテインです。

子供っぽい面子が揃う中、冷静沈着なしっかり者・巣山が取り乱した場面や、美味しいプロテインをゲットしたときの喜んだ顔を見て笑いがとまりませんでした。

今後ライバルになるであろう榛名の登場や、更にはチームに必要な事柄を決めたり、できたてホヤホヤ未完成な野球部が出来上がっていくのがわかって、すごく楽しみです。
そんな榛名率いる武蔵野高校のお話「基本のキホン!」も面白かったですし、阿部のピッチャーに求める条件がどうして出来上がったかなどわかって今後どんな展開になっていくのだろうなとドキドキします。